パンフレットも
ハイテクなデジタルパンフレットにしよう!

役割をキチンと理解する

パンフレットに過大な期待を求めない

パンフレットを制作するとなったら、正直な話あまりコストは割きたくないと考えている所も多いはず。実際パンフレットを作成するとなった場合、同人などの個人で使用するようなものではなく、企業が宣伝目的で作成するのを主眼に置いた宣伝ともなれば、コストを割きたくないという感情に反するように、一定の予算を用意しなければならないのが現状だ。何せ自分達の企業の良いところ、それを知ってもらうことで次の仕事に繋がるような簡潔で分かりやすい内容となっているパンフレットでないと実現可能な効果は期待できない。中身はもちろん、単純に読み物としての表紙を含めたデザインも重視しなければならないのも、全ては企業としてこの先もキチンと市場を勝ち抜いていくために必要なことだからだ。

ただお金をいくらも掛けているからといってパンフレットですべてを知ってもらえるようなこともない。あくまで作成する目的には『概略として企業を知ってもらうこと』にある。そこのところを履き違えてはならない。何かと大きな期待を寄せたがるのも理解できるが、パンフレットといってもできるところは限られている。そうした意味でも、パンフレットというものが持っている役割をキチンと認識することによって、どのような内容にすることが自分達の企業を大々的に宣伝できるか、そのヒントを得られるだろう。

印刷ならお任せを!

目的意識をはっきりさせる

パンフレットを使用することによって企業の事業をPRすることが出来る、というのは説明した。それはデジタルにしても、紙に印刷されたものにしても同様だ。今回のテーマとなっているデジタルにおいていえば誰もが簡単に目を通すことが出来る、勿論キチンと検索した中でヒットすればの話である事を前提だ。ただネットの住民は何気ない単語の検索についてもしっかりとしているため、いついかなるときも誰かに見てもらえる可能性が高いという点については、紙にはない魅力が含まれているといえる。デジタル化することについては賛否両論となっているが、これから先スマホを持つことが完全に世間体に定着する様になったら益々出力されたパンフレットではなく、デジタルパンフレットを積極的に採用する企業は増加するだろう。

そうなったとしても決して見逃してはならない点もある、それはパンフレットというものを使用することによる『目的』を明確にしておくことだ。パンフレットを作成するということは、しっかりとした目的意識を持って企業も作成している、正直なところは決して安いとは言えない予算で作成されており、これで紙に印刷するするとなれば基本大量発注となってしまうため、広く見聞してもらえるように内容も充実させていなければならない云々、問題は結構沢山根付いている。

パンフレットを作成することになった目的をしっかりと見逃さないようにするとはいっても、具体的にパンフレットを使用する場面とはどのようなときなのかを挙げてみるとこんな感じだ。

  • ・就職などに使用するリクルート用
  • ・他社との契約とを斡旋するために使用する営業用
  • ・消費者を収集するために使用する募集・集客用
  • ・企業について理解してもらうための資料用

他にも用途は沢山あるが、あくまで抜粋して紹介すると大体こんな場面でよく利用しているだろう。どれもこれも非常に重要な場面だ、リクルート用ともなれば優秀な人材を獲得するために必要となり、いかに自社が魅力的且つ将来性を感じさせるやりがいの溢れるかを伝えることになる。似たような意味で営業用もそうだが、こちらはどちらかと言うと営業先に当社と契約することで相互成長をすることができるという魅力と協力関係に結ぼうという意志を示している。

それらに対するといってもいいのが募集・集客用だ。これは市場原理にもとづいて、自社の製品の方が他社で販売されているものよりも優れていると、何処と無く強気な一面を感じさせる強調的な内容となっている。圧迫感を感じるなどはあるかと思うが、企業もそれだけ顧客取り合戦は必須だということだ。

また逆に単純に企業のことを知ってもらいたいとする意図の場合は、客観的な情報を掲載することで大まかにこんな仕事をしているという、当たり障りのない内容となっている。こうして分析してみると色々と考えられて制作されているんだなぁと感慨深くなる。パンフレット作りというのもただ机上で討議されて決まるほど、単純なモノではない。

ウェブ制作の仕事がしたい!
経営コストの削減に努力し、展示場を持たずに、良い輸入住宅 東京を徹底的に安く創ります。

ブランディングを怠らないように

そうした色々な使い方が存在するパンフレットだが、どのような使い方にしても決して欠かしてはならない要素が存在する、それは『ブランディング』というものだ。このブランディングという物は端的にいうと、『紹介している製品が、親しみやすく好感と愛着を持ってもらう』ために必要なパンフレット製作における非常に重要な点だ。これ無くしてパンフレットは成立しないとも言って良い、これを富んでいないパンフレットは価値がないといってもいいかもしれない。

何故そこまで気を使わなければならないのかというと、簡単にいえば消費者というものは誰かに強制されて買わされることを極端に嫌うからだ。買う気もないのに押し売りされて面倒な場面に出くわしたという人もいるだろう、パンフレットもそういう一面がないとは言い切れないものの、あくまで消費者目線に立って威圧的な内容にならないようにすることでようやくその真価を発揮できる。高圧的な内容のパンフレットなどというものがあるのかといわれると微妙だが、無いとは言い切れないため一概に否定することは出来ない。

だからこそ企業はブランディングを1つの手法として表現することで、人々に確かな好感度を持ってもらえるようになった。ただしそれもこれも製品が良質のものだからこその背景がしっかり整えられていなければならない。パンフレットの中身を充実させるためにも、掲載する商品がいかに優れているのかを伝えられるかで中身も大きく変化していく。