パンフレットも
ハイテクなデジタルパンフレットにしよう!

結構大事なデザイン性

軽んじるは足をすくわれる

これについてはパンフレット制作において何より重要だ、例えデジタルであろうと無かろうとこの点がキチンと作りこまれていなければ、パンフレットとして効果的な影響を及ぼすことが出来ないと言ってもいい。パンフレットを制作することにおいてかなり優先順位度が高くなっているのが、パンフレットの『デザイン』についてだ。ここで失敗に失敗を重ねるような失態を犯してしまえば、ある意味終わりだと受け取っても良いかも知れない。中身がしっかりしていれば問題ないと考える人もいるかもしれない、だが実際問題内容を見てもらうためにもパンフレットを手に取りやすいようなデザイン性を取り入れていなければ、結局のところ意味を成さない。それこそ内容が充実してしっかりと企業を宣伝しているかもしれないが、デザインがどうしようもない、何とも言えないものだったらそれだけで企業というブランディングを下げる恐れもあるため、軽んじてはいけない。

インターネットのサイトについてもそうだ、例えテンプレを使用するといっても背景に使用する色などを細かく気にする人は多いだろう。センスという話を抜きにしてもだ、一目見て誰もが親しみやすいデザインであればあるほど、より多く人々の関心をこちらに向けられるが、そういうセンスを誰もが持っていたら苦労しないかもしれないが、デザイン性に関していえば一般大衆向けに誰もが納得するものを作成するのも、中々に至難だ。

事実パンフレットのデザインについて外注先に依頼するにしても、自分たちで制作するにしてもかなり迷うことになるだろう。中にはもう自分たちでは考えられないためその点については丸投げしてしまう、といったこともあるという。自分たちで使用するパンフレットなんだからこだわりを持つべきではないのかと思うが、思うようなデザインが完成する補償もなければ、失敗してしまうことなど頻繁にある中で、取引にも活用するパンフレットのデザイン性にこだわりを持たなければならない。

印刷ならお任せを!
これからのリフォームは「機能重視型」から「スタイル重視型」へ。静岡 リフォームをご検討の際はぜひ五朋建設のサイトへどうぞ!当社の施工実績を見てお気に召しましたらぜひご用命ください!

デザインを考えるときの要点

今回はデジタル版を元にしてパンフレットのデザインを考える際に注目したい点に焦点を絞るとすると、主に『企業ブランドに即したデザイン性』と『サイズや加工におけるデザイン性』という二つの側面から、より効果的なデジタルパンフレットを作成することを考える。

まず始めに『企業ブランドに即したデザイン性』について話をしていこう。

企業ブランドを参考に

企業で事業の一貫として展開している製品やサービスがある、それらは既に企業独特のオリジナリティ溢れるブランドとして確立されている。そこでパンフレットではそのブランド力を最大限引き出すことが出来るよう、また一般的にブランディングという観点から親しみと好感度溢れるデザインを構築していくこととなる。既に存在している製品などを一旦、概念的な思想や哲学で定義することで、それらが抱えている本来あるべき本質をより深く引き出すことが出来るよう、特徴を押さえて作成しなければならない。

そうして出来上がったデザインを消費者が気に入るよう、一定のキービジュアルなどを作成することもある。そうすることにより、見た目だけでパンフレットを取ってもらえれば戦略的に見れば十分盛夏を出していることを意味している。

サイズや加工などもかなり重要

内容が充実していればそれだけで十分と考えている人もデザインが重要なことを理解してもらえたかだろうか。もしまだ納得できないという意見を持っている人がいるなら、今度はパンフレットそのもののサイズなどについて詳しく考えてもらいたい。パンフレットと呼ばれるものは一般的に長方形をしたものとなっているが、そうしたサイズや見た目という点にもパンフレットのデザインを考える上で重要な要素だ。パンフレットも各種様々な種類が存在しており、そういった細かい所もキチンと構成する必要がある。

企業によってパンフレットの中身も何もかもが異なるものだ、中には会社を宣伝するにしても、その宣伝したい要素をいかに効率よく、かつ効果的な宣伝を展開することによってより多くの人々が製品の良さを理解することが出来るのか、それを考えるととても重要になってくる。

ウェブ制作の仕事がしたい!

紙のパンフレットならではの重要点

少し余談を挟むことになるが、本来ならパンフレットのデザインで特に気に掛けたい点は『3つ』となっている。デジタルパンフレットの場合においては2つとなっているが、紙のパンフレットに関して言えば全体的なデザインやサイズなどの加工についてもそうだが、パンフレットに使用する『印刷用紙』についても気を払わなければならない。

印刷紙といっても種類は豊富だ、それも1つに絞ることが出来ないほどとなっているため、具体的にどの印刷紙を使えばいいのかより企業を理解してもらえるかという点にも注意しなくてはならない。とにかく高級用紙を使用していればいいだろうと考えている人もいるだろうが、そこでそうした用紙を使用するよりも自分たち企業の宣伝をより波及させることが出来る点を重視するのであれば、単純な意味で高いものを使って入れば良いというわけでもないため、ここも難儀な点だ。

デジタルパンフレットはそうした考える要素が減ったことも利点だと取ることが出来るかもしれない、しかしその分内容はもちろんのこと残り2つのデザインやパンフレットの大きさといった点について手抜きをすることが出来なくなったため、労力としては減っているとは言えないだろう。むしろ作りこめるところは作りこまなければならないため、負担はもしかしたら増えているだろうが、やむなしと片付けるしかない。