パンフレットも
ハイテクなデジタルパンフレットにしよう!

紙のパンフレットなんて時代遅れ?

紙とデジタル、あなたはどっちを選ぶ?

パンフレットも遂にその時が来たかと感慨深くなってくる、デジタル化することで便利になった感じることもあるが、逆にデジタルにすることで実は更に不便になる、もしくは人間の文明という規模で考えた場合に悪影響をもたらしかねないとされる要素が生まれると考えられる。旧時代には旧時代の良さがある、日本にも『侘び錆び』という概念に対して風流と感じている。ただそれは昔の人ならではの考え方なのかもしれないが、筆者はまだ世間体に言えば若者に分類されるところだが、それでも旧い物の良さを殺さず、新しいものを取り入れることが大事だと考える。日本のみならず、世界は21世紀と言う時代を迎えたことによって大きな躍進を繰り返しているが、度々疑問に思うことがあった。それらに踊らされた人々が扇動されるように新しいものを取り入れていない人間は蔑みの対象だとする、そんな言葉を平然と発するものまで出てきた。まだSNSがそこまで普及していたわけではないときも、周りに合わせているのかどうか分からないが声を高らかに旧くから伝わる概念に対して否定的な言葉を、表立って口にしている人が側にいたこともある。

いくらなんでもさすがにそれはどうだろうかと疑問に思ったが、本気でそう考えている人もいるため何とも言えない気持ちに苛まれる。時間が経過することによって人間の技術レベルも格段に上昇している事は認めるとしても、それでもやって良いことと悪いことというものは存在する。特にだ、文化に対して既存の文明が新規の文明よりも劣化したものだという決め付けをしている人もいるだろうが、文明レベルでは優劣をつけるならアナログは下に位置しているとしてもだ、それが文明という歴史を語る上ではむしろ新規の文明よりも上位に位置していると見るべきだ。問題点があったからこそ次に繋がる岐路が存在した、元ある文明を参考にして応用することで機械も生まれてきた。

文明という人間が構成し続けている文化レベルは進化し続けている、その中で互いを拒否するような考え方で本当に人間は進化を続けられるのだろうか、今回のテーマとして取り上げたデジタルパンフレットについても、従来の紙パンフレットとどのように共存関係を結んでいくことが出来るかが鍵となってくる。

印刷ならお任せを!

常に対立し続けている紙とデジタル問題

紙とデジタル問題については、デジタル化された書籍が登場した頃から議論されている。そのどちらに賛成するかは人それぞれとなっているが、あえて問うとする疑問があるとするなら『今後紙とデジタルのどちらの媒体で、書籍は中心的な市場を形成して行くのか』、ということについて考えてみたい。

先に紹介したデジタルパンフレットに関していえば便利なところは沢山ある、インターネットを駆使して企業のホームページを覗くことでパンフレットを閲覧することが出来れば、それだけで企業がインターネット上に仕掛けたマーケティングとしては十分成功しているといえる。パンフレットの意義はとにかく多くの人に見てもらうことにある、通常企業案内のパンフレットは無料で配られているが、それらは決して安いという言葉が当てはまらない。それでも企業が紙のパンフレットを無料で配る理由については、将来的な利益を見越して少しでも多くの顧客に興味を示してもらうためにある。

ではそうした意味で紙のパンフレットではなく、デジタルパンフレットへと移項することで獲得することが出来る点は企業に対して興味を持ってもらい、行っている事業を通して利益へと繋がるようにと、そうした思惑が交錯しているものだ。

デジタルパンフレットを使用するときの注意点

デジタルパンフレットを利用することで企業のためになる事は勿論だが、そうするために気をつけなくてはならないのは『より多くの人に閲覧してもらえる』ように仕上げなくてはならない。企業のパンフレットといっても誰もが興味を示すモノではないが、デジタルともなれば誰もが気軽に閲覧できるようにすることで、そこから様々な関係が誕生することも出来る。だからこそ気をつけたいのは、誰もが見られる仕様にしておくことだ。

先にも紹介した欠点に繋がるが、デジタルパンフレットを作成する際には『PDFデータ』にすることでPCによるスペックの違いを気にすることなく、誰でも閲覧することが出来るようになる。最近はパソコンではなくスマホから閲覧しようとする人もいる、そういう人達は無料でPDFデータを閲覧するためにリーダーをインストールすることが出来れば、容量の大きさに関わらず中身を見ることが出来る。便利になったことでパンフレットも色々な人に見てもらえることになった。企業としてはパンフレットをこれまで同様、大量に印刷して無料配布するよりもデジタル版を製作するためにコストを掛けることの方が有意義に感じるようになっていったのだろう。

ウェブ制作の仕事がしたい!
ヤエス商事は手形割引を迅速対応!お急ぎの方のために本日中に資金化致します。急遽資金が必要になった、急いで資金化したいなどございましたらぜひ一度当社にご相談ください。お待ちしております。

PDFデータを変換する

現在パンフレットを利用する上で最も利用されている手段として、パンフレットの印刷物データをPDF化して所定の位置にリンクとして貼り付けてダウンロードするやり方が主流となっている。ただこれだと先に話したようにソフトがインストールされていないと閲覧することが出来ないといった問題点が出てくる、別にソフト自体をインストールする事は難しいことではないが、面倒に感じる人がいたらインストールしなければならない手間に負けて見ないという場合になる。

そうした問題を解消する手段としてデジタルパンフレットが出てくるわけだが、これは既存のデータをパンフレットすることによって所定のソフトが無くてもインターネットを閲覧している感覚でパンフレットを見ることが出来る。この手段はすでに旅行会社や大学の案内などに採用されており、見た目で考えれば実際に紙のパンフレットを見ているのと変わらない。ただやはり文字などが小さいがため、アップするなどの動作が求められる。これについては妥協しなければならないところかもしれない、ただ時代がそうするようにと適用を強いる場面に出くわすことがあるだろう。紙媒体のパンフレットしか受け付けられないと考えている人も多いと思うが、これからはデジタルパンフレットを積極的に採用して行くところは増えていくだろう。そうした意味でも今のうちに慣れておくのもありだ。